おすすめショップ情報

記事一覧へ戻る

気持ちと気持ちをつなぐスウィーツ
SWEETS & GIFT KANON カノン

2015年05月18日

県道538号線を少し入ったところ、決して目立つ立地ではないお店。
平日の午後というのに、途切れることなくお客さんが入ってきます。
オーナーの安藤知幸さんが、この地に「カノン」をオープンしたのは
20年前のこと。

 

上左:シュークリーム抹茶(155円) 上右:シュークリーム(130円)
下左:カノン(340円) 下右 やわらかチーズ(150円) ※価格は2015年5月現在
「カノン」には、ト音記号の飾りと、五線譜になぞらえてスポンジとクリームが5層に

 

独立を考えていた頃、志賀島にドライブに行く途中に通りかかった三苫という場所が気に入ったそうです。「海も近いし、わざわざ探して来てくれる店にしたいというコンセプトにぴったりだなと」。


オープン当初こそお客さんが来なくて「辛かった」そうですが、ちゃんとしたお菓子を作ればお客さんは来てくれるはずという考えどおり、すぐに口コミで評判になっていきました。


「ちゃんとしたお菓子とは?」という質問に、安藤さんはこう答えてくれました。「自分の芯というものを大切にしながらも、それに固執し過ぎることなく、柔軟にいろいろと吸収し、お客さんに喜んでもらえるものをと考えています。お菓子というのは、自分で買って味わうだけでなく、贈り物やおみやげとして、気持ちと気持ちの架け橋となるもの。もらった人も嬉しいし、贈った人も、もらった人から『おいしかったよ』と言われると嬉しいでしょう。うちのお菓子を通して、そんな気持ちのやりとりをしてもらえたら、我々スタッフも嬉しいですね」。


そのためには、技術的な向上ももちろんですが、自分の内面を磨くことも大切だと安藤さんは言います。絵画を見に行って美意識を高めたり、異分野の人と話して刺激を受けたり。そんなことから、頭の中にあったスウィーツの構想が、ぱっと形になったりするのだそうです。

 

焼菓子の充実ぶりも    
見逃せない    

 

「昨日より今日、明日と、よりいいものを作っていきたい」と、語る安藤さん。その姿勢は、カノンのスウィーツに少しずつ変化を生み出しています。年齢を重ねるごとに変わってきたご自身の好みや、トレンドも踏まえて、素材のもつ味わいをより生かしたものへ。そうして作られたスウィーツは、目でも舌でも私たちを楽しませてくれます。


そして、その変化と呼応するかのように、2014年11月、お店の外観がリニューアルしました。「例えるなら、これまでの19年間はTシャツだったけど、20代になったら、ジャケットを羽織る感じかな」と、これまでとこれからを、ユーモアを交えながら熱く語ってくれた安藤さん。これからもカノンのスウィーツから目が離せません。

 

家族連れで来ても楽しめるように置かれた
ブランコは、もう5代目だそう

 

店名・地名 SWEETS & GIFT KANON カノン
TEL 092-607-3320
住所 福岡市東区三苫6-14-2レフティヒルズ三苫1F
営業時間 10:00~20:00(日曜~19:00)
定休日
備考 駐車場7台あり

 

アクセスマップ

 

イエステーション和白店/有限会社丸美不動産
〒811-0202 福岡市東区和白3-17-25
TEL:092-606-2838 FAX:092-607-1201
Copyright(c) 1999-2018 Marumi Real Estate Corporation Allright Reserved.