当社の人事制度について


なぜ評価制度なのか?

当社では2011年春頃から人事制度についての検討を始め、経過期間を経て2013年頃に成長制度として導入しました。 それ以前は特に評価制度と言えるようなものはなく、私や前会長が、昇給や賞与について話し合いながら決めていたというのが実情です。

社員といっても、事務の女性が2~3名の頃はそれでも問題にならなかったと思います。 ところが、だんだん人数も増えてきて営業や管理など仕事も専門に分かれていく様になると、私自身がマネジメントの問題に直面するようになりました。 「社員一人一人に目が届かない」「評価の物差しが部署によって違う 」などです。 もちろん、私としては年齢・性別・経験・仕事内容などを考慮して、出来るだけ公平に評価しているつもりでしたが、それは私の頭の中だけにあるものでしたので、もし社員達にどのような理由でどう評価されたのかと聞かれても、うまく答えることが出来ない状況でした。

そこで評価の基準を明らかにすることを考えました。 そうすれば、「会社がどのような人材を必要としているのか?」 「何をどうすれば評価されるのか?」が社員達にも理解してもらえるのではと思ったからです。



人事評価、4つの基準

職種ごとに求められる成果を、どこまで実現しているか。 例:売上、利益、生産性など

期待成果を上げるための重要な業務をどこまで出来ているか。 例:営業活動、顧客管理、作業段取りなど

業務に必要な知識や技術について、どこまで習得しているか。 例:宅建業法等の法令、顧客ニーズの把握、競合他社情報など

丸美不動産の社員として、守るべきことをどこまで守れているか。 例:協調性、責任感、積極性、明朗性など

一般的に、社員に対する評価というのは「成果」だけで計られていると思いがちですが、必ずしもそうではありません。 成果を上げるためには、成果に至るまでのプロセスが段階を追って出来ているか、その業務を遂行するための知識や技術が十分身についているかが、とても重要になるからです。

また、いくら高い成果を上げても、協調性の無い人は一緒に働く仲間としてふさわしくありません。 当社では以上の4つの観点から評価を決定しています。



成長シート

職種ごとに、期待成果、重要業務、知識・技術、勤務態度の4項目を評価するためのシートです。5段階の評価となっています。 これも自分が出来ているだけでは5点の評価になりません。自分が出来るだけでなく、他の社員にも教えることが出来て初めて5段階の評価となります。

<成長シート>


絶対評価

一般的に評価基準としてよく用いられるものに「相対評価」というものがあります。 相対評価とは、社員同士を比較して優劣を決めるものです。

なぜ多いかと言うと、それによって昇給や賞与の金額を決めるほうが簡単ですし、社員にも説明しやすいからです。 例えば、3番目の社員が「なぜ私の賞与は20万円なのですか?」と聞いてきても、「1番や2番の社員と比べて、こういうところが出来ていないからだよ」とはっきり答えることが出来るからです。

しかし、人間だれしも他人と比べて「ダメだ」と言われる事ほど嫌なことはありません。 「絶対評価」をするためには評価の「物差し」が必要です。その物差しが「成長シート」なのです。 相対評価では一番の人は一人しかいません。絶対評価では一番の人は何人いても良いのです。



ステップアップ基準(昇格)

当社では段階を追って成長することを目指します。 そこで成長の段階を一般職、中堅職、管理職の3つの階層に分けています。 さらに1等級から9等級まで9つの等級を設け、昇格(ステップアップ)して頂きます。

<3つの成長階層、9つの成長等級>


モデル賃金

当社では新卒から定年退職するまでのモデル賃金を設定しています。

  1. 当社が毎年連続で業績が良い
  2. あなたが標準でステップアップしている
  3. あなたが毎年成長している

等の条件がそろえば、賃金は毎年上昇していくことになります。 あくまでモデルですので、この通りになると約束するものではありませんが、会社や自分自身が成長することによってどのくらいの賃金が得られるかの参考になるものです。

当社の賃金は基本給と諸手当に分かれます。 諸手当には資格手当や役職手当が該当します。基本給はさらに年齢給、勤続給、成長給の3つに分かれます。 年齢給、勤続給は年齢や勤続年数によって支給される賃金です。毎年定額で上がっていきます。

ただし、定年まで上がり続けるものではありません。途中で昇給は止まってしまします。 これに対し成長給は、あなたが成長を止めない限り、上がり続けます。

いかがでしょうか。当社自体が成長途上で、成長制度も完全とは言えませんが、より良い職場を目指して日々、業務の改善や評価の見直しなどを行っています。この活動に一緒に取り組んで頂ける方を当社ではいつでもお待ちしています。

イエステーション和白店/有限会社丸美不動産
〒811-0202 福岡市東区和白3-17-25
TEL:092-606-2838 FAX:092-607-1201
Copyright(c) 1999-2017 Marumi Real Estate Corporation Allright Reserved.