丸美不動産/会社案内

社長挨拶

この度は、丸美不動産のホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
私は当社の代表をしております、安河内裕一と申します。
丸美不動産は私の父である安河内貞雄が創業しました。なので、私は二代目という事になります。

和白というのは元々、安河内という苗字の人が多い地域です。(粕屋の方にも多くいらっしゃるそうです)ちなみに、三苫は堺さん、奈多は今林さんという苗字が多いです。
言葉遣いも微妙に違います。昔は語尾やイントネーションを聞くと、奈多の人とか三苫の人とか分かったりしました(笑)

このような生まれ育った地域で、二代に亘ってビジネスをしていますので、和白という地域には愛着があります。

当社も和白駅前で父が創業して40年以上が経ちます。
その間、不動産の賃貸を中心に売買仲介やアパートの管理業務など、業務の幅を広げてやってまいりました。

私を含め社員には和白エリアに居住している者も多く、物件情報だけでなく、地域の様々な情報も、お客様へ比較的正確で詳しくご案内できると自負しております。

近年の和白・新宮地域の発展はめざましく、ER救急も可能な病院や、飲食チェーン店、スーパー、ホームセンターなどが多数開店し、本当に便利になりました。また、海の中道や志賀島など、休日レジャーの場も近くにあります。

鹿児島本線には新宮中央駅が出来、福工大前駅(旧筑前新宮駅)には快速が止まるようになりました。博多駅まで、快速に乗れば15分ほどで着いてしまいます。
天神へも都市高速バス経由であれば、和白バス停から30分ほどです。
通勤にも生活にも、本当によいところに生まれ変わりました。

福岡に転勤や移住する方々に和白を選んでいただくためにも、私が愛するこの地域の魅力と充実した住環境の良さをもっともっとアピールして参ります。
これまで以上に地域の発展のために、少しでも役立ちたいと考えております。

有限会社丸美不動産
代表取締役


私のプロフィール

私自身がどういう人間なのか、少しお話させて下さい。

取締役 安河内 裕一

資格 : 宅地建物取引士

役職 : 福岡県宅地建物取引業協会 東部支部 幹事

3億円事件の年に生まれる

安河内貞雄・禎子の長男として生まれました。
そのころ、父が銀行勤めをやめて独立し、福岡工業大学の前で学窓(がくそう)という食堂を始めます。
二年後、弟が生まれました。(今は丸美不動産で営業部長をしています)この食堂は十数年続き、当時働いていた従業員の方とは今でも交流があります。

父が営んでいた食堂「学窓」

当時働いていた従業員の方との記念撮影。今も交流が続く

幼稚園で心臓の手術

新宮にある博多東幼稚園に入園しました。園での健康診断で、心臓に疾患があることが分かり長期入院することに。
東病院、いまの福岡東医療センターで心臓の手術を受けました。

その時、福岡工業大学の柔道部の方に輸血をして頂いたそうです。父が食堂をしていたおかげだと思います。
手術は無事成功しましたが、運動などが制限され、友人もあまりおらず、内向的な性格に。
小中学校の頃は、いわゆる肥満児体形でした(^-^;

高校卒業後、デザイン学校へ

高校は福岡大学付属大濠高校へ進学、勉強もせずマンガばかり読んでいました。
ふとしたきっかけで洋服に興味を持ち、卒業後は当時お茶の水にあった東京デザイナー学院へ進学します。

洋服づくりやデザインの勉強は面白かったので、成績は良かった方だと思います。
専門学校には、卒業後に一年間研修生をやっていましたので、都合3年間いたことになります。

洋服会社に就職

デザイン学校卒業後はニットや革製品を作っている会社に就職し、デザインから製作の仕事までやっていました。韓国の縫製工場に生産を依頼していたので、出張でソウルに何度か行ったりしました。(最初の時だけ上司と一緒でしたが、次からは一人で行ってましたね)ソウルオリンピックが終わって直ぐ位の時期だったと思います。

その会社は、ぬいぐるみも作っていて、ゲームセンターに卸したりしていました。(クレーンゲームの中に入っているやつです)
なので、ぬいぐるみの検品にも行ったことがあります。

その会社の社長さんは、その当時、オグリキャップという馬の馬主さんで、そのオグリキャップのぬいぐるみもたくさん作っていました。
当時は競馬ブームの真っただ中です。オグリキャップと言えば当時一番人気の馬で、一世を風靡していました。

バイトをしながらセツモードセミナーに通う

その後、その会社を退職した私は、原宿にあるCMや舞台衣装を作る会社でアルバイトをしながら、フラフラしておりました。
セツモードセミナーに通い始めたのもこの頃だったかと思います。

この会社は社長さんが一人でやっていて、セツに貼ってあった求人欄で見つけたように思います。
洋服の知識があって縫製が出来るという事で、無事採用となりました。色々な仕事がありましたが、紅白に出るタレントさんの衣装を作らせてもらったこともあります。お話好きな先生(社長)で、とても楽しい方でした。後年、私が福岡に帰る時には、送別会もやって下さいました。

その頃、セツモードセミナーでは定期的にヨーロッパにスケッチ旅行に行っていました。
私もアルバイトを掛け持ちして旅費を貯め、足りない分は親に借金して参加しました。
初めての海外旅行でしたが、フランスやスペイン、イタリアを回って、3週間くらいだったと思いますが、あっという間に過ぎていきました。少しは絵の腕も上達したのではと思います(^-^;

スケッチ旅行のヴェネツィアにて。当時20歳

ビルフランシュ(フランス)でのスケッチ作品

エッフェル塔をバックに友人たちと記念撮影

イッセイミヤケに入社

という訳で、昼はバイト、夜はセツで絵の勉強、週末はディスコでナンパ(^-^;という夢のような生活を送っていた私ですが、舞台衣装の先生の勧めもあり、ちゃんと就職することに。私に才能が無いという事が分かったんでしょうね。
たまたま受けたイッセイミヤケになぜか採用され、商品の発注や工場の管理など、製造の仕事に就くことになりました。

洋服を作るには布地だけでなく、糸・ボタン・ファスナー・補強の為に貼る芯など、様々な材料が必要です。
それらをタイミング良く工場に投入しないと、服は出来上がってきません。
それに、前もって工場に頼んでいても、製造数の少ないイッセイの商品は後回しにされがちでした。
ここでは事前の準備や段取りなど、仕事をする上で大切なことを教えて頂きました。

福岡へ帰って不動産屋に

洋服の仕事は楽しかったのですが、将来の事も漠然と気になりだしたころ、父から福岡に帰って、一緒に仕事をしないかと言われました。東京での一人暮らしに慣れていましたので、どうするかかなり迷いましたが、結局帰って父と仕事をする事に。

帰ったあと、半年ほど知り合いの不動産業者さんに教えてもらいに行きましたが、それ以外はほとんど独学で不動産の業務を学んできました。父も昔の人なので、手取り足取り教えてくれるわけではありませんでしたので。セミナーに出たり、他社さんの契約書や重説を見て作り方をマネしたりしていました。おかげで、自分で調べるとか学ぶという習慣はついたように思います。
また、和白に戻ると同時に消防団にも入団、ボランティアとして15年ほど務めさせて頂きました。

福岡に戻ってきた当時の店舗外観。

当時の社内の様子。少数精鋭でやっていた時代。パソコンは、まだ数えるほどの台数しかなかった

その後、27歳で結婚、女の子と男の子の二人の子供に恵まれました。
その子達ももう高校生と中学生になります。月日が経つのは本当に早いですね。

当初は仲介業務が中心だったのですが、アパートの集金管理を請け負うようになり、徐々に物件数を増やしていきました。

今では管理業務がメインの業務となっています。
近年は若い方を積極的に採用し、会社の若返りや、業務の効率化、新規事業へのチャレンジを進めています。
これからも、地域の発展の為に微力ながら貢献できればと考えています。

子ども達と、飼い猫のあんこ。この子達ももう高校生と中学生になりました


会社概要

商号
有限会社丸美不動産
代表
安河内 裕一
住所
福岡県福岡市東区和白3丁目17番25号
電話番号
092-606-2838
電話番号(フリーダイヤル)
0120-947-551
営業時間
10:00~17:00(土・日・祝は10:00~16:00
定休日
水曜日
アクセス方法
  • <最寄駅>
  • バス / 西鉄バス和白停 徒歩1分
  • 電車 / JR・西鉄和白駅 徒歩4分
  • お車 / 駐車場6台完備

大きな地図で見る

和白通り沿い、マクドナルド和白店向かい

Email
main@marumi-re.co.jp
URL
http://www.marumire.co.jp
免許
  • 福岡県知事(7)9634号
  • 全国宅地建物取引業保証協会会員
  • 福岡県宅地建物取引業協会会員

社内の様子

お客様に気持ちよくご来店していただけるよう、店舗のウィンドウも綺麗に清掃します

お客様を乗せて物件をご案内するため、社用車のメンテナンスは欠かしません

管理物件を定期的に巡回し、ゴミ置場や共用部の清掃・美観維持を行っています

朝のミーティングの様子。全員で情報の共有を行います

イエステーション和白店/有限会社丸美不動産
〒811-0202 福岡市東区和白3-17-25
TEL:092-606-2838 FAX:092-607-1201
Copyright(c) 1999-2017 Marumi Real Estate Corporation Allright Reserved.