住宅ローン相談 | 福岡市東区周辺の不動産をお探しなら有限会社丸美不動産にお任せ下さい。

和白・奈多・三苫、新宮町の賃貸・売買・管理は丸美不動産

営業時間10:00~17:15(日・祝は10:00~16:15)定休日水曜日 , 第3土曜日(1月~3月除く) 正月、 お盆 、GW

家を購入する時に多くの人が利用する住宅ローン。
住宅ローンの基本や仕組みについて理解していない人も多いのではないでしょうか?
選択するローンによって月々の返済額や最終的な返済額が大きく違ってきます。
住宅ローンの基礎を知って、安心してマイホームを購入しましょう!

住宅ローンについて 無料 で相談できます

住宅ローンの不安や悩みはぜひ当社にご相談ください!

住宅ローンとは?

住宅ローンとは、住宅などの不動産を購入するために金融機関からお金を借りることです。
数千万円もする住宅購入費用を自己資金でまかなえる人は多くありません。
そこで住宅を購入する場合には、ほとんどの人が住宅ローンを利用しています。

住宅ローンは、借り入れる銀行や金利、返済方法など様々な違いがあります。
住宅ローンを組むとなると、仕事の状況や家族構成、子どもの有無や退職のタイミングなど
自身のライフサイクル に合わせた借入額や返済期間を決めることが重要となります。

住宅ローンの 3つ の金利タイプ

銀行などからお金を借りると必ず金利が発生します。
金利には 3つの種類 があるので、自分の計画に合ったものを選びましょう。

「変動金利型」

社会情勢や経済状況に合わせて、返済期間中に金利が変動するタイプです。
金利は半年ごと見直し、返済額は 5 年に 1 度の見直しとなります。
返済額は見直し後に急激に増加しないように、それまでの返済額の 125%までを上限とする条件が設けられています。

【メリット】

・固定金利に比べて借り入れ当初の金利が低く設定されている。

【デメリット】

・金利が上昇した場合に、将来の返済額が増える可能性が常にある。

【こんな人におすすめ】

・金利が低いうちに元金を減らしたい人
・今後金利が上昇する可能性が低い見通しがある人
・金利が上昇しても、返済ができる余裕をもてる人

「固定期間選択型」

3 年、5 年、10 年といった選択した期間だけ金利が固定されるタイプです。
期間が終わると変動金利型に変えるか、継続して固定期間選択型にするかを選ぶことになります。

【メリット】

・期間中は返済額が確定できる。
・固定期間終了後に市場の金利が低下していれば返済額が少なく押さえられる。

【デメリット】

・固定期間終了後に金利が上昇していると、返済額が急に上がってしまうリスクがある。

【こんな人におすすめ】

・ライフプランが決まっており、返済額を一定にしたい期間が決まっている人
・固定期間終了後に一括返済できる可能性のある人
・固定期間中に元金を確実に返済していきたいと考えている人

「全期間固定金利型」

住宅ローンの返済期間が終了するまで、ずっと固定の金利で支払いができるタイプです。 「フラット 35」が有名です。

【メリット】

・返済期間中金利が変動しないため、返済計画が立てやすく安心感がある。

【デメリット】

・3 つの金利タイプの中で一番金利が高い。

【こんな人におすすめ】

・住宅ローンの返済を一定額で返済していきたい人
・金利変動による家計の圧迫を避け、計画立てて返済していきたい人

住宅ローン選びの ポイント

■ 自分に合った住宅ローンを選びましょう

住宅ローンは、銀行だけではなく保険会社やノンバンクと呼ばれる機関などが、それぞれの特徴を生かした住宅ローンのプランを用意しています。
「どの住宅ローンを選ぶのが自分のライフプランに合うのか」を考えながら、プランの特徴や条件をみて選んでいきましょう。

■ 金利タイプのメリット・デメリットを考慮して選びましょう

住宅ローンの金利タイプには、それぞれメリット・デメリットがあります。返済プランを立てていく上で、自分自身 の無理のない返済の仕方を選ぶためにもよく理解しておく必要があります。

■ 事前に返済プランに沿ってシュミレーションしておきましょう

金利のタイプや返済期間、月の返済額がどれくらいになるのか事前にシュミレーションしておくことが大切です。 自身の現状や、返済にどれくらいかかるのかなども想定しておきましょう。

購入を考えている物件のローンシミュレーションができます!

※物件の詳細ページからもシミュレーションできます。

☑︎ 住宅ローン通るか不安...
☑︎ 給与所得が 300 万円未満でも大丈夫?
☑︎ カードローンの借り入れが多い...
☑︎ 車のローンが残っている...
☑︎ 過去に滞納してしまったことがある など

家の購入したいけれど住宅ローンが組めるか不安な方
ぜひ、一度ご相談ください!
お客様に合うご提案をさせていただきます。

住宅ローン相談フォーム
  • STEP1 お客様情報を入力
  • STEP2 入力内容を確認
  • STEP3 お問い合わせ完了

必須は必須項目です。

お問い合わせ内容
  • ご要望

  • お問い合わせ内容

  • お名前
  • 必須

  • フリガナ

  • 電話番号

(半角数字)

  • メールアドレス
  • 必須

(半角英数字)

  • 当社からのお知らせ

プライバシーポリシー

当社は、個人情報を以下の目的で利用させて頂きます。

  • 1.不動産の売買契約又は賃貸借契約の相手方を探索すること、売買、賃貸借、仲介、管理等に関する契約連帯保証契約を含むを締結すること及び契約に基づく役務を提供すること

  • 2.不動産の売買、賃貸借、仲介、管理等に関する情報を提供すること

  • 3.上記1,2の目的を達成するために必要な範囲で、契約の相手方及び売買・賃貸借希望者、他の宅地建物取引業者、指定流通機構、物件情報を書面又はインターネットで提供する者・団体・広告会社、融資に関わる金融機関、登記等に関わる司法書士その他専門家、提携損害保険会社、不動産管理業者、保証委託会社又はお客様の同意を得た第三者に対して提供すること
    なお、契約の相手方探索のために指定流通機構に対して物件情報を提供する場合及び指定流通機構に登録されている物件についてご契約される場合には、個人情報等を次のとおり利用致します。

  • ⅰ.契約が成立した場合には、その年月日、成約価格等を指定流通機構に通知致します。
  • ⅱ.指定流通機構は、物件情報及び成約情報(成約情報は、売主様・買主様・貸主様・借主様の氏名を含まず、物件の概要・契約年月日・成約価格などの情報で構成されています)を指定流通機構の会員たる宅地建物取引業者や公的な団体に電子データや紙媒体で提供することなどの宅地建物取引業法に規定された指定流通機構の業務のために利用致します。

  • a.提供される情報は、氏名、住所、電話番号、物件情報、成約情報その他必要な項目です。
  • b.提供は、書面、電話、電子メール、インターネット、広告媒体等の手段で行います。
  • c.ご本人様からお申し出がありましたら、提供は中止致します。

 

 

※ 専属専任媒介契約、専任媒介契約が締結された場合には、宅地建物取引業法に基づき、指定流通機構への登録及び成約情報の通知が宅地建物取引業者に義務付けられます。

 

  • 1.上記1及び2の役務、情報を提供するために郵便物、電話、電子メール等により連絡すること

  • 2.お客様からのお問い合わせに応じるため及び4の目的を達成するために必要に応じて保管すること

  • 3.宅地建物取引業法第49条に基づく帳簿として及びその資料として保管すること

  • 4.不動産の売買、賃貸借等に関する価格査定を行うこと
    なお、価格査定に用いた成約情報につきましては、宅地建物取引業法第34条の2第2項に規定する「意見の根拠」として仲介の依頼者に提供することがあります。

 

  • a.提供される情報は、売主様・買主様・貸主様・借主様の氏名を含まず、成約物件の特定が困難となる工夫を施した物件の概要・成約価格などの項目です。
  • b.提供は、書面、電子メール等の手段で行います。
  • c.ご本人様からお申し出がありましたら、提供は中止致します。
  • d.市場動向分析を行うこと