土地活用ガイド | 福岡市東区周辺の不動産をお探しなら有限会社丸美不動産にお任せ下さい。

福岡市東区の賃貸・売買・管理は丸美不動産

営業時間10:00~17:15(日・祝は10:00~16:15)定休日水曜日 , 第3土曜日(1月~3月除く) 正月、 お盆 、GW

遊休地とは...何も利用されていない(利用されずに遊んでいる)土地のこと。

弊社では、使わなくなった土地や遊休地などをお持ちのオーナー様への有効活用方法をご提案しています。
使っていない土地をお持ちの方はぜひご相談下さい。

こんなお悩みありませんか?

・所有している土地を有効活用したいが、どうしたらいいか分からない

・老後のために安定した資産運用方法を探している

・相続した土地の管理に困っている

・遠方に所有している不動産の管理が大変なのでなんとかしたい

・所得税や固定資産税などの税金を軽減したい

弊社では、お客様のお悩みに合わせた
最適な不動産活用プランをご提案させていただきます!
ぜひ、ご相談ください!

土地活用のメリット

1 使っていなかった土地から収益を得られる

しっかりと計画を立てて活用していくことで中長期的な収入を得ることができます。また、売却すると一度にまとまったお金を得ることもできます。

2 節税対策

土地を所有していると固定資産税・都市計画税などを支払う義務がありますが、土地の活用方法次第ではこれらの税金を安く抑えることも可能です。

3 地域貢献

空き地を減らし、居住用アパートや福祉に役立てる事は地域や社会への貢献につながります。  

土地活用の押さえるべきポイント

まずは目的を明確にすることが大切です。

土地活用にも様々な方法が存在するため、目的に最適な活用方法を選択することが資産運用の第一歩です。

・納税額を減らしたい

・収入を得たい

・不動産オーナーになりたい

・遊休地をなんとかしたい

など、土地主様のご意向をお聞かせください。

様々な土地活用方法

1 売却する

不動産会社が直接買い取る「買取」または、不動産会社が仲介し買主を探す「仲介」のいずれかの方法にて売却します。

メリット

・まとまったお金が得られる
・固定資産税を支払う必要がなくなる

デメリット

・仲介手数料、登記費用、譲渡所得税などが発生する

ポイント

事前に収入額と支出額を計算し売却計画を立てることが大切です。

2 借地にする

土地を貸し出し、地代で収益を得る方法です。
借主は農耕や資材置き場をはじめ、立地が良ければ借主が家を建てる場合もあります。

メリット

・初期費用が比較的かからない
・転用性が高い

デメリット

・収益性が低い
・借主の活用方法によっては減税制限や借地期間などの条件が付く場合がある

ポイント

地域により需要が異なるため、市場調査をしっかり行うことが大切です。

3 アパート・マンション経営

アパートやマンションを建設して賃料で収益を得る方法です。
住宅街や駅チカ・大学近くなど人を呼び込める立地であることが望ましいです。

メリット

・収益性が高い
・入居者が途絶えない限り継続的な家賃収入が得られる
・固定資産税や相続税などの節税対策になる

デメリット

・まとまった初期費用が必要
・空室が続く場合、家賃収入が減少するため、空室対策が必要

ポイント

立地によって収入が左右されやすいため、数年先を見越した調査と計画が大切です。

4 戸建て賃貸経営

一戸建ての住宅を建設して入居者と契約を結び、賃料で収益を得る方法です。
小さな土地からも始めることができます。

メリット

・継続的な家賃収入が得られる
・固定資産税や相続税などの節税対策になる
・狭小地や変形地でも始められる
・売却しやすい

デメリット

・まとまった初期費用が必要
・空室が続く場合、家賃収入が減少するため、空室対策が必要

ポイント

立地によって収入が左右されやすいため、数年先を見越した調査と計画が大切です。
また、1家族にしか貸せないため、空室対策が重要ですが、反対に1家族の借主が見つかればアパートやマンションのようにいくつもの空室を埋める必要はありません。

5 月極駐車場

土地を駐車場用に整備し、駐車場利用希望者と契約を結び、賃料で収益を得る方法です。

メリット

・初期費用が抑えられる
・転用性が高い
・狭小地や変形地でも始められる

デメリット

・アパート経営などと比較して収益性が低い
・空車が続く場合、賃料収入が減少する

ポイント

狭小地や変形地などでも活用できますが、地域によって需要が異なるため、
しっかりとした調査と計画が大切です。

6 コインパーキング

専門業者に土地を貸して地代で収益を得る方法と専門業者から機械を購入して時間貸しで収益を得る方法があります。

メリット

・初期費用が抑えられる
・転用性が高い
・狭小地や変形地でも始められる
・専門業者に土地を貸している場合安定した収入源になる

デメリット

・アパート経営などと比較して収益性が低い
・時間貸しの場合、利用率が悪いと賃料収入が減少する

ポイント

狭小地や変形地などでも活用できますが、地域によって需要が左右されやすいため、しっかりとした調査と計画が大切です。

その他、太陽光パネルの設置・福祉施設や高齢者施設の経営・自動販売機の設置・コインランドリーの経営など所有されている土地の条件によって活用方法も様々です。

土地主様のご要望や立地・条件に合ったご提案をさせていただきますので、
まずはご相談ください。
土地活用相談フォーム
  • STEP1 お客様情報を入力
  • STEP2 入力内容を確認
  • STEP3 お問い合わせ完了

必須は必須項目です。

お問い合わせ内容
  • 現在の状況

  • ご相談内容

  • お名前
  • 必須

  • フリガナ

  • 電話番号

(半角数字)

  • メールアドレス
  • 必須

(半角英数字)

  • 当社からのお知らせ

プライバシーポリシー

当社は、個人情報を以下の目的で利用させて頂きます。

  • 1.不動産の売買契約又は賃貸借契約の相手方を探索すること、売買、賃貸借、仲介、管理等に関する契約連帯保証契約を含むを締結すること及び契約に基づく役務を提供すること

  • 2.不動産の売買、賃貸借、仲介、管理等に関する情報を提供すること

  • 3.上記1,2の目的を達成するために必要な範囲で、契約の相手方及び売買・賃貸借希望者、他の宅地建物取引業者、指定流通機構、物件情報を書面又はインターネットで提供する者・団体・広告会社、融資に関わる金融機関、登記等に関わる司法書士その他専門家、提携損害保険会社、不動産管理業者、保証委託会社又はお客様の同意を得た第三者に対して提供すること
    なお、契約の相手方探索のために指定流通機構に対して物件情報を提供する場合及び指定流通機構に登録されている物件についてご契約される場合には、個人情報等を次のとおり利用致します。

  • ⅰ.契約が成立した場合には、その年月日、成約価格等を指定流通機構に通知致します。
  • ⅱ.指定流通機構は、物件情報及び成約情報(成約情報は、売主様・買主様・貸主様・借主様の氏名を含まず、物件の概要・契約年月日・成約価格などの情報で構成されています)を指定流通機構の会員たる宅地建物取引業者や公的な団体に電子データや紙媒体で提供することなどの宅地建物取引業法に規定された指定流通機構の業務のために利用致します。

  • a.提供される情報は、氏名、住所、電話番号、物件情報、成約情報その他必要な項目です。
  • b.提供は、書面、電話、電子メール、インターネット、広告媒体等の手段で行います。
  • c.ご本人様からお申し出がありましたら、提供は中止致します。

 

 

※ 専属専任媒介契約、専任媒介契約が締結された場合には、宅地建物取引業法に基づき、指定流通機構への登録及び成約情報の通知が宅地建物取引業者に義務付けられます。

 

  • 1.上記1及び2の役務、情報を提供するために郵便物、電話、電子メール等により連絡すること

  • 2.お客様からのお問い合わせに応じるため及び4の目的を達成するために必要に応じて保管すること

  • 3.宅地建物取引業法第49条に基づく帳簿として及びその資料として保管すること

  • 4.不動産の売買、賃貸借等に関する価格査定を行うこと
    なお、価格査定に用いた成約情報につきましては、宅地建物取引業法第34条の2第2項に規定する「意見の根拠」として仲介の依頼者に提供することがあります。

 

  • a.提供される情報は、売主様・買主様・貸主様・借主様の氏名を含まず、成約物件の特定が困難となる工夫を施した物件の概要・成約価格などの項目です。
  • b.提供は、書面、電子メール等の手段で行います。
  • c.ご本人様からお申し出がありましたら、提供は中止致します。
  • d.市場動向分析を行うこと